スパイラルな日々

行政書士試験

先日11月14日に試験を受けてみました。

3時間も椅子に座りっぱなしで、長いかなと思いましたが、時間は足りないくらいでした・・・。勉強できていないのはわかっていたので、あきらめもついて答え合わせはしていません。

また次回がんばります(^^♪

行政書士の勉強は、結構ボリュームがあり、今まで知らなかったことを沢山学べました。面白い分野だともおもいます。

私たちは、法律でがんじがらめになっているのではなくて、むしろ自由や権利を得ているというのは、良いことだと思いました。

日本は良い国です(⋈◍>◡<◍)。✧♡

イタチあれから

イタチは、侵入口を塞がれた次の日からもやってきて、裏庭の方でガサガサ・・と何かをずっと掘っているいる姿を見ました。30分程も、前足で落ち葉の中を探っていて、家の中に入れないので拗ねていたようにも見えました(*´Д`)

丸めた背中に、哀愁が漂っていました・・・。

それからも、幾晩もかけて塞がれたその侵入口を、鋭い爪で引っ掻いてみるのでした。

ちょうど寝室の枕の近くなので、よく音が聴こえます。

丈夫な板が打ち付けてあるので、入れないと分かり、イタチ君もついに諦めた様子。

ところが・・・また数日後、床下の隙間に無理やり頭を入れてズリズリッと入ろうとする音が・・・(-_-;)

少し進んでは3分程休憩し、また少し進むの繰り返しで、なんて忍耐力!と感心している場合ではなく、とうとう寝室の部屋の反対側まで進んでしまいました。

どんな狭い隙間にも入ることができる、という噂はほんとうのようです。そこで、大きな物音を立てて追い出しました。

天井裏に入る道ではなかったようで、以前のように運動会を繰り広げることはなくなりましたが・・近所の方もイタチやネズミがいるそうで、自然界の中では当たり前なのかもしれません。

そう思いますと、憩いの家は、少し大きめのテントを建てて自然の中に住まわせていただいているのだと思えば、虫達や動物と共存できるようにおもいます。

イルミネーション

試験も終わり、少し気持ちにゆとりができたので、庭にライトを追加しました。階段が緩いカーブを描いており、夜に眺めるととても雰囲気があり、素敵になりました。

イタチだけでなく、鹿や猪がうちに遊びにきては、植物を食べていくので、もはやバラや藤、鈴蘭に紫陽花などすべて枯れてしまい、生き残ったのは柊とクリスマスローズだけです。

かろうじて、少し緑の枝が残っていた、ロココの薔薇は、数日前枝を更に齧られ、おそらくもうダメかもしれません・・・(>_<)

そこで、寂しくなった庭をせめてイルミネーションで明るく飾ろうと思っています。

柊飾ろうファララララーラ・ラーラーラー♪

なんて唄いながら(^^♪

ここは星空も美しく、光害は避けたいので、控えめなソーラーライトで幻想的な冬の庭を目指したいとおもいます(⋈◍>◡<◍)。✧♡

落ち葉

秋になると、大量の落ち葉に埋もれそうになります。

今週末も、ごみ袋大4枚分に落ち葉や枯れ枝を入れて、廃棄しました。ほんとうは、焼き芋を焼いてみたい・・と思うのですけれど、焚火禁止だそうでここでは出来ません。

落ち葉の中に、松ぼっくりや、コブシの鞘など、珍しいものが落ちており、興味津々です。

コブシの花は白くて可憐ですが、乾燥した鞘はグロテスクです。

背が高く、緑の瑞々しい鞘を写真に収めることはできませんが、落ちてきた茶色く乾燥したものから、あの白い花を咲かせた樹はコブシだったんだと改めて思いました(^^ゞ

暴走族

落ち葉が溝にもたくさん積もっていて、水路の邪魔になっていまして、それを清掃しました。

主に台所とお風呂、洗面台の水が流れる水路です。

掃除していると、虫がまったくいなくて、水が綺麗なのでホッとしました。

油はもちろんのこと、石鹸の成分もなるべく流さないようにしています。シャンプーもお湯で殆ど汚れが取れるのだそうで、量は少なめに使っており、頭皮にも優しく、一石二鳥です\(^o^)/

虫はまったくいないのかというと、大きな蠅がいて、凄い速さで飛びまわります。まるで暴走族のような高速で滑らかな飛行。

暴走族は、ここからヒントを得たのだろうか・・・とも思いました。私の周りをブンブン飛びまわるのですが、さっき食べたチョコレートがまさか口の周りについている?

追いかけて来ないでぇぇ(ノД`)・゜・。

でも、そこから大分離れている家の玄関まで、ついてきました。

あぁ、人一倍蚊にも刺されやすいだけでなく、蠅にまで好かれるのか・・嘆。

なんて思ううちに、蠅が巨大なことにまた驚いて、そこで思ったことは、二匹がくっついて飛んでるんだ、器用なやつらめ・・!

と一人大きな勘違いをし、蠅がやっと止まった時にその全貌を見るや否や、「でかっ」と言ってしまいました。

何を食べてあんなに大きくなったんだろう・・・とまた別の疑問が湧きます。

そんなに食べるものがあるとも思えないんですが。

話は長くなりましたが、溝の清掃は無事終わり、たまった落ち葉を道路に上げ水分を切ったうえで、袋に詰めました。

その落ち葉を挟む道具がとても便利だったので、作業は比較的楽でした。一度にたくさんの落ち葉が挟めるのです。

どうやら、その作業はピアニストが腱鞘炎になりやすい腕の部位の筋トレに効果が得られるようで、これからも落ち葉をいっぱい挟んで、鍛えようと思いました!

落ち葉は、袋につめると・・・50袋にはなるかな・・恐。

数年分ですから・・真面目に綺麗にすると、それ以上になるかもしれません。もしも、それが可能なら、赤松が何本も生えているので、もしかしてもしかすると、松茸が生えたりして・・・(⋈◍>◡<◍)。✧♡ こういうの、捕らぬ狸の~なんて言うんですよね。笑

クリスマスの準備

憩いの家では、早々とクリスマスの飾り付けをしました。

今年の冬は、ストーブを設置し、暖かく過ごせるようになりました。クリスマス飾りは、ウィーンで入手したものが、一番趣があり素敵です。長年経つと一部欠けたりしているのですが、それも気にならない程素敵です(^^♪

リースは幾つか既にあったのですが、今年はアットホームな雰囲気のものをひとつ手作りしました。

小ぶりなので、自宅玄関に飾りました。

材料は以下です;

発泡スチロールのリース、布、ポインセチアの造花、リボン、針金、ト音記号の飾り

作り方は、白い布を細長く裁ち、グルーガンやボンド等でリースに巻き付け固定します。その上に、造花をグルーガン等でカーブに沿って固定します。リボンをフレンチボウで作ります。ワイヤーで本体につけます。最後にト音記号の飾りをつけて、できあがり☆

クリスマスが待ち遠しいです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

スパイラルな日々

こういった一連の、一種グラウンディングとも言えるような行為は、現在浄化と共に必要だそうで、天と地を循環しながら生きているような感覚です。

「天」と「地」は、手垢がついてしまった言葉に他なりませんが、広義で捉えていただくと幸いです。

ちょうど清掃中に、気づきがあり、それは・・

「完璧を目指さず、楽しんで」

というものでした。

掃除も、家の管理も、リース作りもね(。▰´▵`▰。)